topimage

2017-07

手持ちぶさた - 2017.06.04 Sun

絵日記512


仕事が忙しいというのなら、この際、そちらの方に没頭するのだけれど…。こんな時に限って、ヒマだしなあ。

ならばと、早々、母の着ていたものやら、雑多なガラクタを整理するべく、押入れの整理。
今まで後回しにしていた、大きなサイズの木っ端やら、家具の“なれの果て”なんかを、ヒマに任せて小さく裁断。ゴミとして出そうと思って、電動ノコギリを引っ張り出しました。

ザック・ザックと切り刻んで、回収可能なサイズの「燃えるゴミ」にする。

というつもりだったのだけれど、
突然、いつもの「なんかに使えない?」病が出てきまして…・
洗面台の横の、隙間家具ならぬ「隙間・飾り棚」に変身させるべく、大汗かいて奮闘すること、まる一日。
ツギハギだらけの、リサイクル棚、完成!
お世辞にも、立派とは言い難いものの、…まあ、使えるダロ!

近々、その写真でもアップしますワ。






スポンサーサイト

さあ! - 2017.05.19 Fri

絵日記511


そうなんです。配偶者がいるでなし、年金で暮らして行けるでもなし。
もう、腹をくくって仕事をせねば。稼がねば!
これまでよりは、フットワークも軽くなるだろうし、それより何より、日本全国、PC&メイルだけで仕事はできる。
すでに片足つっこんでる自分の老後と、自分の葬儀費用。
遅いかもしれないけれど、腹をくくって作らねば〜〜〜っ!






人出不足? - 2017.05.17 Wed

絵日記510


5月の15日。母の告別式を終えました。
いろんな方から、うれしいコメントやお心遣いを頂き、本当に感謝・感謝です。

母と私。ふたりだけ。究極の家族葬。
(ま、これには、それなりに理由がございまして、考えた末の苦肉の策でゴザイマシタ。& 実際には、いつもお世話になっているご近所さんが、お三人ほどご会葬くださり、全くのふたりきりではなかったですが。)

やれ、親戚だの関係者だの、そんな気苦労の種がいないことは、ある意味、気が楽というか、疲れずにすむというのか。不謹慎ながら、そんな風にも思ったりして。

さて、当日、お式を終えて、さあ火葬場に向かうという時。斎場のスタッフさんがちょっと困った顔をしていました。
なぜなら、遺体を載せた霊きゅう車に、通常なら遺影やお位牌を持った家族が同乗するところ、なにせ、私しかいない。
私は私で、帰り道の足を確保するべく、自分の車を運転して行かなければならない。
結局、遺影とお位牌は、私の車の助手席に重ねて鎮座させられ、シートベルトをかけられての移動と相成りました。

「お母さん。最後の最後まで、いつもと同じになっちゃったね。」

な〜んか可笑しくなって来ました。

お骨を拾う時、友人がひとり駆けつけてくれまして、帰りは彼女がお骨を抱いてくれましたけど、遺影・位牌は、後部座席に寝かせられる形で、いずれにしろ、かなりイレギュラーな絵面であったことは確か。ハッハッハ!

さて、母が居なくなって数日が経過しました。
まだ、寂しさも悲しみも襲ってはきません。
そのうちに、しみじみと寂しくなるのでしょうね。

ふと思い返すに、立てなくなった時・座っていられなくなった時・お箸を口まで持って行けなくなった時…、etc. etc.
あの時の方が、よっぽど切なくて、悲しかった。
階段を降りるように、少しづつ衰弱をして行く母を看ながら、気持ちの中で、すこしづつ”さよならの予行演習”をしていたような気もします。








とろ・とろ・とろ…。 - 2017.05.10 Wed

絵日記509

さすがに痩せてきました。
なにせ、食べないし、お水もほとんどのみませんし。

でも、顔色は良いんですよ。血圧も良好。たまに熱は出るけれど、総じて平熱。

とても幸せそうに眠り続けています。

さ〜〜て、どこまで行くのやら。





ヒートテック。 - 2017.03.31 Fri

絵日記508


まったく別の話ですが。
----------------------------------------------------
母、何度目かの肺炎。
今回は、誤嚥性ではなく、風邪をこじらせてしまっての肺炎ではないかしらんと、私は勝手に思っております。
もう、それらしい症状が出て、10日ほどが経過しておりますが、今回は、スンナリとは良くなってくれません。

IMG_0070.jpg

少しづつ食事も取れるようになりましたが、物によってはうまく飲み込めない。車いすに座っていても、身体が倒れてしまうし、首も座らない。
経験済みの諸症状ですが、かと言って、「前回と同じ」とタカをくくれないのが超高齢者。ほんの半年、一年の差でも、体力その他に衰えが見える分、緊張します。今回は、(一時的ですが)41度Cの高熱を記録しましたし。

具合が悪くなると病院へ行く。これ、普通の人。
超高齢者が体調を壊すと、病院にも行けなくなる。


いざとなったら救急車ですが、訪問看護の看護師さんへひんぱんに相談することでなんとか対応しております。
でもまあ、今回も、なんとかなりそうです。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (376)
ひとこま絵日記 (94)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR