topimage

2015-05

キティちゃんカップ。 - 2015.05.27 Wed




喫茶店「とむとむ」で、希望すれば使わせてくれる、伊万里焼きのキティちゃんカップ。

言われなければ「キティちゃん」とは気がつかない、なかなかの完成度だと思います。

私の頼んだキリマンジェロでは使わせてくれなかったから、きっとストレート系で、お値段の高いものに限り、使わせてくれるのな?


スポンサーサイト

いや、ホントに。 - 2015.05.26 Tue

絵日記488


ちなみに、コーヒーメーカーの気持ちが分からないでも…ない!




 - 2015.05.25 Mon



牛久沼のニューフェイスです。
一羽だけ、色が白っぽいのは、なんでだろ?


IMG_7388.jpg IMG_7389.jpg

郵便局でみつけました。
レンコンのはがき。(ご近所土浦はレンコンの名産地です。)
他に栗バーションもあったけど、ユニークさではコチラ。レンコンの勝ち!(笑)

バカバカしいもの、大好き!







また変えます。 - 2015.05.16 Sat




私ほど、電話機をコロコロと変える人も少ないかもしれません。
当ブログでも、電話機がらみの記事をさんざん書かせててもらいました。

私自身、高校時代、「周りにあるもので、美しいと感じるものを記せ。また、その理由を簡単に述べよ。」というデザインの試験問題に「水道の蛇口と電話機。」と答えたくらいです。いささかのこだわりがあることは確かなんですが。

でも、それだけで、こうもしょっちゅう電話機を変えたりは致しません。

一言で言うと、“母との連絡”!
外出した時に、外から、母の安否を確認したい。何かあった時に、母からのSOSをキャッチしたい。
ところが、もう母は、電話をかけることも、電話に出ることもできません。電話機とテレビのリモコンの区別さえつかないのが現実です。それでも、何とかならないものかという思いは消えず、新種のアイデアや機能のついた電話機を見つけると、ついついその気になってしまうんです。

10年位前までは、母も電話機の内線を使うことができました。
その後、自分専用の『らくらく携帯電話』の時代もあって…。

今、使っているものは、液晶画面に、何人分かの顔写真が表示されて、その顔をタッチするだけで、(その人宛に)電話がかけられるというもの。これなら母も使えるのではと思って購入したのですが、時すでに遅し!まったく使うことができませんでした。
スマホのおまけについてきた『キッズ用携帯』も、やっぱり母にはムリでした。

今回のこの機種。(まだ、接続はしておりませんんが。)
親機だけです。手持ちのスマホが、子機として使えるというのがウリ!

母の部屋から電話機を撤収します。

時折、夜中に認知症のスイッチが入ることがあって、母は、自力でベッドから起き上がり、伝い歩きで椅子まで移動し、テレビなんぞをつけようとしたりするのですが、テレビのリモコンだと思って、電話機をピコピコやり出すんですねえ。充電器から外して、ピコピコやって、元に戻すことはありませんから、朝までその状態のまま…。(笑)今、固定電話にかかってくる電話はわずかなので、大した事件にはなりませんけどね。
でも、床を這う電話コードに足を取られることも無いとは言えず、…いっそ、無い方が良いのかしらと思ったりしておりました。

もう、母が電話に出ることはありません。当然、かけることもできません。

母と電話を使って会話することは、この先無いとみました。…あきらめました。
ならば、スマホを固定電話の子機として使えたら、その方が良い。

そうしよう。

 現行電話機の、充電用のバッテリーが買い替え時。(←案外高いんです。×2となると、安い新品機種の方が安い!)







お見事! - 2015.05.04 Mon

IMG_7380.jpg


 例によって、写真とはまったく関係ありませんが。

先日の「落雷騒ぎ」のお陰で、私はあちらこちらに電話をかけまくりました。
保険屋さんを始め、保険金の請求に必要な書類を揃えるために、家電メーカーの修理受付窓口、等々。(近所のホームセンターや、家電量販店にも、足を運んで、同じような言葉を連呼して歩きました。)

一面識もなく、おまけに電話のみでコミュニケーションをとることのジレンマを、少しばかり感じたこの半月でした。

大手メーカーさんの修理受付窓口の女性たちは、間違いなくカンジの良い対応です。
ただ、話が少し込み入ったり、長くなったりすると、マニュアル通りの対応からはみ出るらしく、こちらとしては、意思の疎通ができずイライラすることも。

そんな中、ドアフォンのメーカー・アイホンの窓口の女性の対応には、感動しました。
見事でした。「落雷で…。」というこちらの言葉に、(自分の言葉で)「わ、それは大変でした。」と返してくれたのは、後にも先にも彼女が初めてでした。言葉使いも、情報に関する話しぶりも、もちろんカンジの良いものです。結果的に、私は、アイホンのドアフォンを購入せずに、ただ、壊れている現物を見てほしいだけの要求になってしまったのですが、それに対しても、「ご事情は良くわかります。」と快く聞いてくれました。

何が違うのか? 彼女は、常にこちらの立ち場にたった対応をしてくれている。それが実感でした。古い機種なのに、その場で在庫の確認をしてくれたり、時間がかかりそうな時は、折り返しの電話で、こちらの待ち時間を気遣ってくれたり。こういう人を、仕事のできる人…と、私は言いたい。

それからもうひとつ。
保険会社のその対応というのも、微妙に違うものだなと…。

当初、私は、“任意で加入している”火災・家財保険を使おうと思いました。他に、家を建てた時に強制的に入らされる住宅金融公庫がらみの火災保険もあるにはあるのですが、そちらに対する期待はなくて…、いや、白状すると、双方に連絡する義務があるなんて、今の今まで知りませんでした。
ご存知の通り、保険金を請求するには、諸々の書類を揃えなくてはいけません。今回の場合は、壊れた家電品の各メーカーが発行する『落雷証明書』なるものが必須アイテムのようです。これが、簡単に出るかと思いきや、場合によっては、出してもらえない。「確かに、強い電流が流れて破損した形跡はあるのですが、それが雷であるという確実な痕跡までには至っていない。」そういう理由で、ウオシュレットの保険適応は一旦あきらめたくらいです。

ところが、遅ればせながら連絡を入れた住宅金融支援の火災保険。その代理店である損保ジャパンさんは、こちらが恐縮するくらい親身になって対応をしてくれるんです。
ウオシュレットも、ドアフォンも、雷という文言が無くてもOKということにしますので、あきらめないでメーカーさんに頼んでみてください、云々。
対応の早さにもビックリ! 報告の義務があると言われて、給湯器の領収書等々を送ったのですが、かたやの会社が説明用の書類一式を送ってくるのに1週間かかったのに、損保ジャパンさんは、電話した翌日には封筒が届いたし、返送した2日後には、支払い保険金の提示がありました。すぐに振込の手続きに入ります…だと!

おまけに、驚くなかれ、ほぼ満額(実はそれ以上の金額)が支払われることになりました。
年間わずか4000円代の保険料で、このサービスはお見事!



ソ・ジソブにヤラレタ! - 2015.05.02 Sat

ジソブ2


今この人の魅力に、ドップリ漬かっておりマスル。

古いドラマだけれど、「ごめん愛してる」で、さめざめと泣きましたのね! このドラマ、タイトルだけを見ると、軽いラブコメディ的な匂いがしたもので、気楽に見始めたのですよ。そしたら、悲しくて、切なくて、おまけにハッピーエンドじゃなくて、…とにかく、たまりませんでした。(なんたって今わたし、挿入歌の「雪の華」のメロディーを聞いただけで涙が出てくるもんね。)

その後、「ケインとアベル」「盗られてたまるか」「おいしいプロポーズ」etc.と走破してきて、なんだか、その魅力にはまってしまったようです。
あの、八の字眉毛のどこが良いのか? うーむ、私も良くわかりません。だけど、この人の切れ長の“一重のまぶた”のステキなことといったら…!東洋人の目が、こんなに魅力的なんだということを、しみじみ実感させてくれました。& 私的には、ほとんど横顔に近い、はす斜め前の角度が好き!
「ごめん愛してる」(ムヒョク役)の時の、無造作でボサッとしたへアスタイルが良いな。帽子は無い方が良い。それと、何が魅力だといって、あの鍛えられた身体。プールで泳ぐシーンとか、軽〜く泳いでバタフライ…だものな。それも、この人、オリンピックの選手?と思うくらい、きれいなフォームで泳ぐ。あれは、ほとんどサービスカットだね。走るシーン、水に飛び込むシーン、もうもう、他の追随を許さない完成度の高さ(私が勝手にそう思っている。)で、おばさんクラクラする。(笑)

ジソブ1

たまたま、最初に見たのが「ごめん愛してる」でその後に「ケインとアベル」と続いたもので、この人、やたら““頭に銃弾をぶち込まれる”人だなあ、と思っているのですが。(どちらも、そういう役でした。)
ちなみに、戦争ものの「ロード・ナンバーワン」は、まだ見ておりません。戦争を題材にした映画やドラマは、辛すぎてみられないんです、私。なんだか、ここでも脳天に銃弾をぶち込まれそうだし…。(冗談です!)

ご存知の通り、私はスマホの動画配信サービスのみで視聴しておりますので、見たい作品、まだまだあるんですけど、配信されていないものもいっぱい!
UULAさん。ジソブさんの作品、どんどん配信してくださいませ〜〜!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

毎日の花色と四季の景色変わります

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (365)
ひとこま絵日記 (93)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR