topimage

2016-06

思いたったが…!…筋肉痛。 - 2016.06.22 Wed

絵日記499


障子の張り替えは、「年末」より、今くらいが良い!
ゴールデンウイークあたりがベスト…かな。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
思い立って、母の6畳間の、雑多なガラクタを処分して、介護用のベッドを部屋の中心に移動させて…。

…と、ここ2日〜3日、母めがまたまた誤嚥性肺炎の症状。
訪問看護のお世話になっております。
立ち回りがラクになって、看護婦さんたちにはおおむね好評。
私も、押し入れの出し入れがラクになったし、不要な衣類の整理もできたし。

障子の張り替えで、部屋も明るくなったし。

良いゾ、良いゾ! …の、今日このごろ。



スポンサーサイト

捨てよう! - 2016.06.19 Sun



少し前の写真です。

田植えの終わった田んぼは、これでなかなか美しいものです。


IMG_7939.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、ここへ来て私は、母の部屋のガラクタ整理にいそしんでおります。
模様替えを思い立ちました。
先日、初めて訪問看護のスタッフさんの定期訪問を受けました。
思っていた通り、プロの手際というものは大したものだなあ、とつくづく…。
そして、もうひとつ。ふたり一組での作業…、部屋の狭さ・ベッド周りの窮屈さが気になりました。6畳間に介護用のベッドは、これだけでも場違いなほどに大きく感じるものです。

この他に、(一時は母の定位置だった)籐の椅子や、冬場はなんちゃってコタツに早変わりした、座卓や座椅子。まあ、そんなものが、それぞれにスペースを占領しておりまして…。

考えてみました。
この先、母がこの椅子に座ることがあるだろうか?ここで食事をすることがあるだろうか?
残念ながら、そんな日はもう来ないと判断致しました。つまり、使うことはない。

ならば、捨てる!潔ぎよく、捨てる!
母の6畳間は、腹をくくって、介護専用の部屋にする。ベッド以外はすべて処分することにしました。


ついでに、障子を張り替えました。
折をみて、ふすま紙も張り替えようかな。シミや汚れも目立ってきたし、部屋が明るくなるはずだし。
アイロン貼りとやらにチャレンジしてみようかな。






買っちゃった! - 2016.06.16 Thu

オレンジ掃除機

ありりんさんのコメントに触発されたようです。
ムクムクと「何が買ってやる〜〜!」衝動にかられました。

で、近所のドンキホーテで、こんなものを買ってきました。

私の、私による、私のための誕生日プレゼントです!

いつだったかしらん、店頭でみかけて、可愛いデザインだなあと思ったんです。MADE IN CHINAの格安商品につき、おそらく性能的にはオモチャに毛がはえた程度のものだと思います。
いろんな色が揃っていたはずなんですが、その日見た限りでは、在庫はこれ1点。「ま、いいさ、たまには白じゃなくっても。」仕事場のホコリを、ざっと吸い取ってくれればそれで良し。
ひょいと気軽に使えて、おまけに軽いスティックタイプの掃除機って、あると便利。

コードも出しっ放しで、グルグル巻きにしておくだけ…。
だけど、これで十分な気もします。

実際に使ってみましたが、音がうるさい割には、パワーは今ひとつ。(笑)
な〜に、そのあたりは想定内。でも、なんとなく・カ・ワ・ユ・イ・し、満足しておりま〜す!
なんたって、4000円でおつりがきましたから…。



肺炎・肺炎・また肺炎。 - 2016.06.13 Mon

IMG_7936.jpg

母が、要介護5になりました!

今現在、立つことができません。
少し前から、軽い肺炎の症状(と私は思っております)が見られ、毎度のことながら、私としてはかなりの“力仕事”を強いられております。(笑)

抗生剤を服用させて、一旦は回復の傾向がみられました。ところが、数日後にはまた同じ症状…です。
排泄物の処理を始め、着替えその他を、すべてベッドの上でという作業は、慣れないことも手伝って、かなりの時間と労力を要します。症状が悪化すると、車いすに座った状態で、身体が傾いてしまうし、食べ物を口まで運ぶことができません。口に入れてやっても、飲み込むことができなくなります。
一番良いのは点滴ですが、病院までの搬送手段が、これまた頭の痛いことでして…。

ここへ来て、急にハードルを一段、いや2段くらい高くされたカンジ。
モタモタ・オロオロの毎日です。

食事中でさえ、気がつくとトロトロと眠り込んでしまう母を見ていると、肺炎もさることながら、いよいよ、身体機能の衰弱が始まっているのかもしれないなと思ったりして。覚悟は出来てるつもりでも、複雑な心境になるものです。

IMG_7937.jpg

先日「訪問看護」の契約をしました。定期的に看護師さんが様子を見にきてくれますし、病院との橋渡し役もお願いできます。ドクターの往診もお願いできます。自宅での点滴その他の治療行為も可能とのこと。(まだそこまではお願いしておりませんが。)

しかしながら、人間という奴はたいしたもんだと思います。
どんなにモタモタしても、そのうちに慣れるものでゴザイマス。
当初、どちらが前で、どちらが後ろかも分からなかったオムツの交換も、すこしづつ手慣れてきました。
前回3日で回復した症状が、今回は一週間を過ぎても、思ったほどには良くならない。一時的に、悪くなったように思える。だけど、それはそれで、仕方がない。焦らず、もう少し静観しようと思えるようになる。……ウン、なってくる。

今日現在、母はまだ生きております。(笑)
熱も下がってきましたし、ごはんも少しなら食べるようになってきました。
タオルケット一枚でも暑い日が続いていましたが、今朝は雨。またぞろ、布団を出してかけてやりました。

そうそう、先日、どさくさの中、私65才の誕生日をむかえました。



は〜〜て、どうしたものか。 - 2016.06.05 Sun




病院の待ち合い室でのこと。
前の席の男性のシャツに、“こんなもの”がくっついたままでした。

さて、どうしたものかしらん?

教えて差し上げるべきなのか…。知らんプリを決め込む…か?

結論!

黙っていました。
1分ほど、見づづけておりましたら、そんなこと、ど〜でも良いことのように思えたきて…。
お家に戻って、奥さまと笑い話のネタにでもなされば、それで良い。うん、それで良い!






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (369)
ひとこま絵日記 (94)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR