topimage

2016-07

ペンギンのテープカッター - 2016.07.25 Mon




どうよ、どうよ! この”えげつなさ”…!

カタログギフトで、今回選んだのが、コレ!

自分のお金では絶対買わないものをゲットする。

で、ペンギンのテープカッターにしたんですけど、想像以上の完成度の低さに、逆に魅せられております。(笑)
できれば、カッターの「刃」は、頭の上じゃなくて、足の間にでもつけて欲しかったなあ。




スポンサーサイト

現状を受け入れること。 - 2016.07.24 Sun



久しく「牛久沼」へ足を向けておりませんでした。
今年も古代蓮が花を咲かせていましたっけ。(目先を変えて今年は葉っぱだけ。いささか地味!)

それにしても、ここ2〜3日、儲けもんの涼しさです。

友人と、「もう、このまんま、秋になってくれても構わない!」「そうだ、そうだ。夏なんて要らない!」などとホザキまくっております。お百姓さん、ゴメンナサイ!



先日、トイレに設置していた介護用の手すりを撤収してもらいました。
これも「現状受け入れ」のひとつです。

もう、母をトイレに連れてくることは無い…と判断しました。

手すりがあっても構わないのですが、これもレンタル品。つまり、介護保険の制度のお陰で、安価な値段で利用させて貰っていた訳です。(1割負担。)残りの9割は「国」が肩代わりをしてくれている訳ですから、必要無いと判断したらサッサとお返しをする。
何年ぶりかに、本来の姿に戻りました。なにやら殺風景です。

IMG_7972.jpg IMG_7974.jpg

その後、母は元気に過ごしております。
それなりに…ですが。
私は私で、見よう見まねだったオムツ交換も、大分手際良くなってきました。
さあ、あと2ヶ月弱で、母様100歳。……イケルな!……


使えるものは、何でも使ってやるもんね。 - 2016.07.09 Sat



母への接し方を「要介護5」バージョンに切り替えました。

結果的に、その方が、介護する方・される方、ラクなのかもしれないと思い始めたり…。
そう決心してしまえば、不思議なもので、頭も身体もスイと切り替わるところが、『B型・ふたご座』の良いところ。

訪問看護の”プロの技”は、見ようによっては、知恵の宝庫でもあり、目からウロコの裏技づくしでもあり。
(ただ、介護用品の値段の高いのには、毎度のことながら閉口します。まずはため息。仕舞には腹が立って来る。)

実は、ここへ来ての再三にわたる誤嚥性肺炎は、母の身体を急激に衰弱させたようで、両方の臀部に褥瘡(床ずれ)を作ってしまいました。ベッドの上での排泄物の処理に加えて、床ずれの治療。一日に最低2度。場合によってはそれ以上。
確かに、力も要ります。でも、ベッドの高さを腰の位置くらいまで高くすることで、介護者の腰の負担がかなり軽減されることを学習。便利な介護グッズも、どんどん試してみています。
時間も手間もかかりますが、やってみるとそれなりに達成感もあって、思っていたほどには辛くない。
だいたい、日がな一日トロトロと眠り惚けているだけの御仁ですから、食べさせて、下の世話をして、基本的にはそれだけ。ひと昔前より、ある意味ラクかもしれません。ものは考えようです。

パーマネントも諦める時期に来たようです。あと3月で100歳ですから、それまでパーマネントをかけてやりたいなと思ってはいたのですが、もう、あの馴染みの美容室の階段が登れそうにありません。

捨てる神あれば、拾う神あり。
訪問美容室です。

美容師さんが、道具を持って自宅まで来てくれます。パーマもかけられますが、この際、短時間で済むカットだけをお願いしました。それとお風呂場でのシャンプー。車いすのままお風呂場に移動して、防水のケープを3枚重ねて髪を洗います。首から下は全く濡れないんですねえ。たいしたもんです。
IMG_7952.jpg IMG_7955.jpg

母は、短い髪が似合うはずだとふんでおりました。私的には、パーマネントよりもこのベリ・ベリ・ショートのスタイルの方が好き。

IMG_7958.jpg

おっ母さんも、満足そうに見えたので、まあ、良しと致しましょう。
結論!母も私も…ラクです!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (378)
ひとこま絵日記 (95)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR