topimage

2017-06

今日のところは、パッケージにご注目ください。 - 2017.06.30 Fri

スマホの動画をテレビで見たいと、ずっと思っていたんです。
でも、過去に試したものは、正直、使いものになりませんでした。
でも、これは使えるという情報あり。(少し前までTVでも CMが流れていたので、ご存知の方はご存知のはず。)アマゾンの『FireTV Stick』。
…で、使ってみました。「確かにコレは使えます!」


でも、その話はまた今度。
今日はそのパッケージのおはなし。
私、そのパッケージのカンペキさに、脱帽してしまいましたのよ。

⬆︎(トップの写真をご覧ください、)こんな状態の箱が届きます。
⬇︎頭を開くと……! ベロが見えて、それを引っ張る。…細かいことだけど、親切。
IMG_0306.jpg  

⬇︎スルスルと全部を引っ張りだします。中折れになっています。開くと…。
IMG_0307.jpg 

⬇︎大小さまざまなポケットが…。その中に、必要な部品や器具が、ピッタリと収められております。それぞれ、見事にジャストサイズなのに、引っ張りだす時にストレスを感じない。つまりスルと取り出せるんですよ。この辺りが見事!
IMG_0308.jpg 
⬇︎しつこいようですけど、また二つ折の状態に戻して見ます。
無駄な空間が全く無いっ! このパッケージを作ったデザイナーさん。すごい!
IMG_0310.jpg 
箱だけ見ても、解らないとおっしゃる向きへ。

おっしゃる通り。今イチ伝わらないなあと、今、正直思っております。(実物はすでで使っているので、今さら取り外すのも面倒くさいと思ってしまって…。)
このあたりの詰めの甘さが、ふりかけ屋でござんして…!トホホ。オソマツマサ。








スポンサーサイト

寝違えた! - 2017.06.25 Sun

絵日記513

結構イタイの〜!
そろそろ3日目。一晩寝れば良くなると思っていたのに、イテテテ!

とにかく、うちに戻って来るのに、袋小路をバックで入って来るんですよ。
で、その都度ヒ〜〜ヒ〜〜言ってる。(笑)








フイ〜〜ッ! 終わった。 - 2017.06.07 Wed


明日は雨が降るそうで…。

ならば、今日のうちに、やっちまおう! 

庭の防草シート。やっと、敷き終わりました。砂利を敷き詰めて、一件落着!

これで、夏場の草むしりは、うんと楽になる…はず…デス。

それにしても、一袋15キロの砂利の袋は、重かったなあ。今日だけで、×6袋。

でも、終わった〜〜! 終わったゾイ!





こんなん。できましたけど。 - 2017.06.05 Mon

IMG_0226.jpg


お約束の、リサイクル棚です!

よーく見ていただくと、奥まった部分がツギハギだということがお判りいただけるかと…。
そもそも、天板用の棚板は、こんな形の↓、もともと仕事場の補助作業台として使っていたもの。
こんな形 
同じく、元は押入れタンスの天板だった90㎝×70㎝ほどの板っきれを、幅30㎝前後に切りきざみまして、足の部分に利用致しました。それでも少し材料が足りないので、色違いながら、物置に転がっていた棚板をば、ぶった切ってつなぎました。(早いハナシが、行き当たりばったりの無計画。)

最低限の補強はしてありますが、震度5以上の地震が来たら、壊れてしまう可能性あり。(笑)

いいの・いいの! 
もともと、ゴミになる材料だし、こんなところに大事なものは置かないし…。





手持ちぶさた - 2017.06.04 Sun

絵日記512


仕事が忙しいというのなら、この際、そちらの方に没頭するのだけれど…。こんな時に限って、ヒマだしなあ。

ならばと、早々、母の着ていたものやら、雑多なガラクタを整理するべく、押入れの整理。
今まで後回しにしていた、大きなサイズの木っ端やら、家具の“なれの果て”なんかを、ヒマに任せて小さく裁断。ゴミとして出そうと思って、電動ノコギリを引っ張り出しました。

ザック・ザックと切り刻んで、回収可能なサイズの「燃えるゴミ」にする。

というつもりだったのだけれど、
突然、いつもの「なんかに使えない?」病が出てきまして…・
洗面台の横の、隙間家具ならぬ「隙間・飾り棚」に変身させるべく、大汗かいて奮闘すること、まる一日。
ツギハギだらけの、リサイクル棚、完成!
お世辞にも、立派とは言い難いものの、…まあ、使えるダロ!

近々、その写真でもアップしますワ。






惜しい!! - 2017.06.01 Thu




お隣の町、稲敷市河内町。(鉄道の駅を起点にする限り)かなり奥まった、牧歌的な雰囲気の町です。その一角に、古民家を改造した『お蕎麦屋』さんがあるというのを聞いて、出かけてみました。

思っていた以上に立派な門がまえに、大きな母屋。庭も広い。
目の当たりにすると、ちょっとワクワクします!

去年の12月にOPENしたというこのお蕎麦屋さん、官民協力しての、いわゆる「町おこし」のサンプルケースらしい。
で、肝心のお蕎麦。もりで500円というお値段を考えると、なかなかのお味だと思いました。
サイドメニューとして、天ぷら3種がオーダーできます。(まいたけ・野菜かき揚げ・えび) 私たちは「まいたけ」を注文。小ぶりのげんこつサイズ・2個が供されて、お値段100円。えび天だけ200円だったかな? 「これならお客さん、来るわナ〜!」

土間 img887.jpg

さて、上の写真の左側が、私たちが陣取った土間のテーブル席。

右のしゃしんは、庭に面した板の間で、その他にも囲炉裏のある小部屋や、宴会でもできそうな広間もありで、相当に広い。でも、おそらく、このあたりの豪農の屋敷としては、ごくごく普通のサイズなのかもしれません。

雰囲気悪くな〜〜い!

帰りしなに、奥の部屋を見学したいというと、お店の方は気持ちよく、了解してくれました。
そこそこに客も入って、商売繁盛の様子。結構なことです。
ただ、私、大きなお世話ながら、ちょっと残念に思うことがありまして。
なんとなれば、板の間のテーブルに、(今は4人掛けのテーブル×6卓が個別に並んでいるスタイルでした。)花柄のテーブルクロスが掛けられていたこと。結構派手めの、赤・と青の色違いの、おそらくビニール製。(さすがに写真は撮れませんでした。)

真っ黒い梁と、真っ白な漆喰の壁と…。 嗚呼、できれば、花柄のテーブルクロスなんて掛けて欲しくなかったなあ。

先ほどの土間にいた時も、な〜んか、今ひとつシックリしない感覚があって、ひょっとしたら、壁に掛けられた、完璧なまでの洋物の絵と額のせいなのか、カウンター席の端に、無造作に積まれたティッシュのケースのせいなのか。(笑) 

きっと一年後には、壁にはタレントさんのサイン色紙が貼られて、ご近所さんが持ってきた紙細工や、人形なんかが、飾られたりしているんだろうな。 それはそれで良し! 気取る必要はない!!  うむ、確かに…!

だけど、なんちゅうか、…惜しい!…

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (380)
ひとこま絵日記 (96)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR