topimage

2017-11

映画/終戦のエンペラー。 - 2013.08.14 Wed

2本の映画を見ました。
1本目は、「終戦のエンペラー」そして、昨日、もう1本。「少年H」
決して、意識した訳ではないのですが、時節柄...でしょうか、どちらも戦争をテーマにした作品です。



さて、10日前に見た「終戦のエンペラー」まずは、こちらのお話から....。

344808view001.jpg

マッカーサーが、コーンパイプをくわえて、厚木に降り立ったあの日から、真の戦争の首謀者は誰かの決断を下すべく、天皇とマッカーサーとが対面するラストまで、わずか10日余の物語。

これ、ハリウッド映画なんですよねえ!(確かにセリフは英語なのだけれど......。)映像の、どの部分を見ても、外国映画にありがちな、不可思議な日本描写が無い! 史実に沿って、丁寧に、良心的に、描かれているし、ホント、感心してしまいます。あの時代のことをもう一度おさらいをするには、恰好の教科書だなと思いました。

最初のうちは、多少睡魔に襲われる瞬間もあったのですが、お話が進み、“天皇とマッカーサー対面のシーン”に至っては、涙、涙......。天皇の、訥々とした言葉の、何と説得力のあることか!.....打たれました。
見て損はない。若い世代には、もっともっと見てほしい映画です。

『終戦のエンペラー』公式サイトはこちら。

344808view004.jpg

......と、散々ほめておきながら....。
なんだろうなあ、気持ちのどこかに、下ろしたてのタオルで汗を拭いた時のような、....悪くはないのだけれど、今ひとつ肌になじまない感触があったのも事実でして.....。
なにしろ、お話が、天皇をはじめ、庶民とはおおよそかけ離れた、雲の上の人たちのお話、ということもあるのかもしれません。戦後の生まれとは言いながら、身近に、戦争体験者のいる中で育ってきた私にとっては、どこか、実感を伴わないものを感じてしまうのですよねえ。

たとえば、
劇中、フエラーズ准将が、マッカーサーに対して、「日本国民は全員、天皇の処分がどうなるのかを気にかけています。」...的なことを言うくだりがありました。
私、思わずスクリーンに向かって「.....いない!」とつぶやいていました。(笑)

だって終戦も直後...の話ですよ。焼け野原を這いずりまわっているひとたちが、はたして、天皇の処遇を心配をしたかどうか.....。おおかたは、『今日を、どうやって“食いつなぐか”?』....それだけで精一杯だったはずです。
同じ場面だったかどうか.......、こんなセリフもありました。
「彼らにとって神である天皇が、仮に戦犯として処刑でもされたら、日本国民は、暴動に出る。もしくは、大量の自決者が出る。」 「フム、そうかしらん?」と私。 暴動だの自決だの、少なくとも、命からがら生き延びてきた人たちに、そんな気力・体力が残っていたかどうか.....。どうも、そんな風には思えないんですけどねえ。
死ぬ時に「天皇陛下万歳!」と叫んだからといって、本当に天皇のことを想って死んだかどうかは、今となっては、神のみぞ知るということです。

ある意味、どさくさで、神にされ、戦争の首謀者のごとく祭り上げられた昭和天皇も、戦争の犠牲者のひとりかもしれません。

「武士道」という言葉も(劇中に出て来ます。)私にとっては、あまりピンと来ない言葉です。
“天皇のために死ねる”という日本兵の精神構造が、アメリカ人に理解できないことだとしましょうか。そういう時、彼らは「武士道」とやらを持ち出してきて、我々をば、何やらミステリアスで、高尚なものに仕立て上げてくれるんです。赤紙で、やむなく戦地にかり出された“にわか軍人”に、武士道なんてありませんよ。
それもこれも、そうせざるを得なかっただけ。生きのびるための、問答無用のお芝居。いや、ある種の洗脳だったのかもしれません。現実は、そんなものだと思います。

期せずして「少年H」の方は、戦争の渦に巻き込まれて行く、庶民の悲哀がとても良く解る映画でした。
両方を見て、本当に満足しました。(←ヘンな言い方ですが。)こちらの方は、日を改めて.....。

で、改めて「終戦のエンペラー」です。
コレ、ヤッパリ、ハリウッド映画なんですよねえ。







スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://wakako872.blog.fc2.com/tb.php/253-d8818e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画/少年H。 «  | BLOG TOP |  » 暑かった〜!

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (385)
ひとこま絵日記 (99)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR