topimage

2017-09

映画/少年H。 - 2013.08.15 Thu

少年H_1

「少年H」の公式サイトはこちら

例によって、何の予備知識も無く見たのですが、H君の“妹尾”という名字に、ひょっとして妹尾河童さんのこと?....と思いましたら、ピンポ〜ン!でした。すでに340万部を売り上げたという、このベストセラー・シリーズを知らなかったということ自体、お恥ずかしい次第なんですけどね。

h_3.jpg h_4.jpg

●韓国にセットを組んだって書いてあったけど、冒頭の、神戸の古い町並みのシーンが、レトロで素敵なんだあ!
●H少年の家族が、これまたステキ! 幸せな家族の見本みたいで、ああ、良いなあ〜って......。
特に、水谷豊扮する仕立て屋のお父さん....なんて立派なんだろ!
●妹役の女の子が、可愛い。目が大きくて、ちっちゃくて、チワワみたいで....。
●それにしても、最近の子役さんたちの演技力、スゴイな!

以上、無邪気に思ったことを、思ったままに.....。(笑)

さて。
戦争というものの理不尽さが、この映画を看ると、良〜く解ります。
あの時代、日本中がまさに「少年H」だったんですよねえ。

H少年の4人の家族は言うに及ばず、まわりの親しい人たちが、大きなブラックホール巻き込まれて行くことの恐ろしさ。戦争という奴は、とにかく最初の歯車が“カタ”と動き始めたら、もう、誰にも止められない。 人が人を見る“物差し”が変わる。善悪の基準さえ変わってしまう。気がついた時には、理屈の通らぬ大きな権力にひれ伏すしか生きるすべが無い.........。それが戦争。嗚呼、もう、やるせないったら、ありゃしない!

h_5.jpg h_2.jpg

是非見てほしいから、詳細はあえて書きませんね。

だけど、見終わった後は、爽やかなんです。なぜなら、戦争が終わったという事実と、そこから、また再生の日々が始まるという、希望が見えるから。H少年とあの家族なら、絶対にそれが出来る。
お父さんの踏むカタカタというミシンの音が、それを実感させてくれまして....ね。

なんだかパワーを貰って、帰ってきましたよ!



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://wakako872.blog.fc2.com/tb.php/254-556029c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

血迷って、アウトレット。 «  | BLOG TOP |  » 映画/終戦のエンペラー。

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (380)
ひとこま絵日記 (96)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR