topimage

2017-11

母、白寿。 - 2015.09.18 Fri




9月15日。母は99歳になりました。

忘れてました。99歳は白寿のお祝い…でしたね。
友人が母宛に和菓子を送ってくれました。(ありがとう、美子さん。)そのコメントに『白寿』という文字を見つけて、『そうだ!、そうだった!』(笑)

ついでに白状するなら、当日は何のお祝いもしませんでした。
それというのも、翌日、何年ぶりかで札幌の甥っ子(母の孫)が遊びに来てくれるというので、2人より3人…。一日遅れでお祝いしよう。(と言った手前、言い出しにくいのですが、さらに白状します。“翌日も何もしませんでした”。)

成田空港までの出迎えを頼まれたのですが、あのマンモス駅(?)で、母の車椅子を押しながら、未知の領域(第3ターミナル)までの“移動・出迎え”に自信がなかった私は、成田山新勝寺の総門前での待ち合わせを提案。
結果的には、それでアタリだったと思います。

写真は、ついでにお参りをした本堂前でのツーショット!

残念ながら、母は大好きだったこの初孫を覚えていませんでした。
この前会ってから、すでに7年〜8年は経っている気がします。いや、もっとかなあ???
認知症の症状が出てからの母のことは、全く知らないはずで、フム、となると10年…かしら。
彼は残念そうでしたね。シャーナイ・シャーナイ! ま、でも母にとっては何よりの誕生日プレゼントになりました。(本人は何がなんだか分からないのだろうけど、私だけ勝手にそう思うことにしました。)

何年か前まで、誕生日の度に、「何か欲しいものあるあ?」と尋ねると、「成田山にお参りしたい。」と言った母。
期せずして、久方ぶりにお参りができました。ただ、もう、成田山のことも、お参りの仕方も、ことごとく忘れてしまっているようで、手にもたせた100円硬貨も、促さないと賽銭箱に投げ入れることができませんでした。
今はもう、片道1時間のドライブはちょっと体力的にしんどい様子の母ですが、頑張ってくれました。頑張ったもので、帰宅後はすぐにお昼寝。そして、夕食を済ませてほどなく、またまたベッドに直行。イベントより休息の99歳初日でした。

「無表情」が多くなりつつありますが、声をかけると無邪気な笑顔がかえってきます。
物欲と共に、不満や怒りの感情は、どんどん消えて行くように思います。

見事な99歳です!





スポンサーサイト

● COMMENT ●

素晴らしい99歳

おめでとうございますi-73
いつもこっそり覗いて、ほっこりしています(^o^)
♪合の手♪の記事では私も合の手いれた~いとノリノリでした。
スポーツクラブで合の手(気合の掛け声)で大きな声を出している私、私は母上様と同じですね。
読みながら思わずクスッとなちゃいましたe-264
でも、今日の記事の「無表情が多くなりつつ…」では胸が詰まりました、が、「無邪気な笑顔がかえってきます」でほっとしました。
99歳、親孝行していますね。
うらやましいです。
これからも無理しないでフファイトですね。


おめでとうございます!

甥っ子さんとのツーショットいいですね。
お母様、いつもより幾分、おすまし顔でしょうか?

成田山新勝寺での待ち合わせはグッドアイデアですよ。
慣れないところは介助する方もそれだけでストレスアップしますもんね。
いつもながら、ふりかけ屋さんの介助術はアッパレです。

お母様も頑張られたのですね。
本当にお見事な99歳です!

わが母ながら立派。

てんこさん。

ありがとうございます。取手近辺に出向いた時は、てんこさんのことをチラと思い浮かべておりま〜す。
スポーツクラブ、頑張ってください。仲間がいることって、幸せなことですよね。ファイト!

お陰さまで、母は元気です。良く食べ、良く寝て、デイサービスの日は、完全燃焼…(笑)デス!
傍にいることくらいで、特別なことは何もできない私ですが、そうですね、このままのペースでぼちぼちと行きますわ。

髪が……!

ありりんさん。

ありがとうございます。
お澄まし顔になっちゃいましたね。この写真を見ての私の雑感。「髪が伸びたなあ。近いうちにパーマに連れて行かないと。」(笑)

実は、車で成田空港に乗り付けた経験がゴザイマセン。ナビがあっても、グーグルマップで検索済みでも、行かずに済ませることができるなら、そうしたい。(笑)羽田空港もしかり。田舎道に慣れきっているので、何車線もあり、かつ、何層にもなっている道路なんて、それだけてオソロシイ!!!

ありりんさんのお母さまはお元気でいらっしゃいますか?急に涼しくなって、夏場の疲れがでませんように。どうぞ宜しくお伝えください。

P.s. そうそう。「ふりかけ定食」(4コマまんが)が本になります。も少し先になるかな。
できましたらお送りしますね。認知症の絵本と共に。

お誕生日おめでとうございます!

お母様、理想的な老後を送ってらっしゃいますね。はたから見てると、穏やかで優しい毎日のように思います。
でもその裏でのふりかけ屋さんの努力や工夫やご苦労があってこそですよね。
ふりかけ屋さんを労う会があるといいにになって、、、、、勝手に労いの言葉を贈らせて下さい。

お疲れ様です!一杯どぞっ!

自分で歩けなくなったら車椅子の選択肢はなく、寝たきりにされてしまった祖母のことを思うと、なんにもしてなかった私は酷い孫だなって反省です。でも海外に住んでるとなかなか帰国すら叶わず。読めなくても手紙くらい送るべきでした。母のこと労ったこともなかったし(苦笑)

グダグタ書いてすみません。
つまりですね〜他人の私が尊敬したくなるほど、ふりかけ屋さんはすごい!ってことですよヨ。
応援しています(≧∇≦)

ありがとうございます。

jasmineさん。

ありがとうございます。皆さんのそんなお言葉に励まされて、なんとかやっているというのが現実です。
大したイベントがない、ということで言うなら、確かに穏やかな毎日ではありますね。(笑)

私は結婚できませんでしたし(しなかったのではなく、できなかった!)子育ての経験なし。だから、母の世話はその代わり、と思うようにしています。
jasmineさんの4人のお子さんの子育てに比べたら、お恥ずかしい限り。ましてや、外国での生活・子育てなんですもの。それこそ、本当にスゴイ! ブログを読ませて頂きながら、会ったこともない人なのに、同じ日本女性として、(勝手に)誇らしく思ったものです。

ふりかけ屋、“手抜き”・“息抜き”がどんどん上手くなっております。(笑)
とりあえず、来年の今頃『母、100歳』の記事をアップできてると良いな。

ぼちぼち行きます。これからも宜しくデス。

ついに「ふりかけ定食」が本に!

母へのお心遣いありがとうございます。
わが母は先日、玄関先で転んでどうも肋骨当たりにヒビが入ったようです。
治るには時間しかないのでしょうね。
良くなってるかと思えば急に痛がる・・・と日替わりで痛みが変わるようですが
笑うとつらそうだったのが、随分、笑えるようになりました。

そりゃそうと、きゃ~!「ふりかけ定食」楽しみにしております。
いつかはこんな日が来ると思っておりました。
認知症の絵本も紆余曲折、いよいよなんですね。
私にとっては久し振りのグッド&ビッグニュースです。

まだ発売日も未定ですが。

ありりんさん。

ありゃりゃ。お母さま、大変なことに。ヒビ…ですか? そうなんですよねえ、自然に治るのを待つしかないんでしょうねえ。母が鎖骨を痛めた時も、なんだかんだで4か月ほどかかりましたからねえ。
でも、大丈夫。時間はかかっても、ちゃんと良くなりますから。(←お見舞いになってないかな??)
どうぞ、どうぞお大事になさってください。

はい、『ふりかけ定食』20年かかりました。すっかり諦めて、忘れかけていたのですが、例の絵本のスポンサーが、気に入ってくれまして、(自費出版の扱いになりますが)形にしてくれそうです。ちゃんと書店やアマゾンで注文できる形態になるはずです。ちょっとでも売れると良いけどなあ。
待っててねえ。

白寿おめでとう

母上白寿おめでとうございます
車いすで孫さんに支えられて幸せそうですね
日本の百歳以上は6万人とか、
ここまで来たらふりかけ屋さん母上も百歳を目指しましょう
毎日大変だろうとお察しいたしますよ

ありがとうございます。

わさびさん。

お元気ですか? ありがとうございます。
この調子で行くと、100歳も夢ではなさそうです。体調も落ち着いてますし、すでにストレスもあまり感じないようですし、無理さえしなければ大丈夫だなと思えるようになりました。

生活に、これといった楽しみがないのが、ちょっとかわいそうなのでが、まあ、デイサービスを楽しんでもらいましょ。

年の割には、良く食べてくれます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://wakako872.blog.fc2.com/tb.php/462-936c51a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中途半端が、かえって困るということ。 «  | BLOG TOP |  » 洗濯機をダマす!

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (385)
ひとこま絵日記 (99)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR