topimage

2017-09

連帯保証人。 - 2016.03.13 Sun



►記事と写真はリンクしておりません。

母がお世話になっているデイサービスには、宿泊施設も併設されていて、いわゆるショートステイというサービスを受けることができます。2〜3度お世話になりました。
ここへ来て、この場所でのショートステイのサービスが終了して、新たに出来た特別擁護老人ホームの中の同じショートステイに吸収合併(?)されるというお知らせが届きました。
設備も新しくなって、スタッフさんも、ほぼ、そちらに移動する形なので、不自由なことも面倒なこともありません。
ただ、名前が変わる。経営の形態が若干変わる、というだけで、利用者は改めて契約書とやらを提出しなければなりません。先日、その手続きに行ってきました。

IMG_7805.jpg

まあ、色々な用紙がゾロリと用意されていて、これでもかこれでもかというほどに、記銘・捺印の繰り返しです。
デイサービスでもそう。介護のヘルパーさんを利用する際もそう。利用する、しないに関わらず、いざという時に利用したければ、最初のこの契約書を結んでおかなければなりません。

さて。この手の契約書で、たいてい必要になる『連帯保証人』という項目。
病院に入院する際も、この連帯保証人を求められますが…。
近くに家族や親族がいる人なら、どうということもないのでしょうが、私たちのように、いわゆる流れ者で、周りに身内がまったくいない者は、この連帯保証人という項目には、毎度ストレスを感じるのです。

金額の大・小にかかわらず、金銭的な保証責任が発生する可能性がある限り、普段親しくしているご近所さんでも、頼む方は、そうとうに気兼ねなものなんですよねえ。頼めば、十中八九引き受けてくださるのだけれど、チラとで躊躇する気配を見せられると、(その気持ちが良くわかるだけに)胸がキュンとしめつけられる。その都度、菓子折りを持ってお礼に行くのですが、ああ、できれば、もうこれっきりにしたいものだと、その都度思うことも…これまた事実。

IMG_7812.jpg

一計を案じて、今回は北海道の甥っ子に頼みました。
事情を伝えたら、了解してくれましたし、いつでも自分の名前を使って良いよと言ってくれました。
ありがたや、ありがたや!

ちなみに、なぜ、今までのショートステイの施設を閉めるはめになったか。
介護するスタッフが足りないのだそうです。
やみくもに新しい施設を作っても、肝心の働き手が確保できない。
これが、現場の実態のようですよ。




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://wakako872.blog.fc2.com/tb.php/495-ba5b1ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日が最後のパーマネント、かな? «  | BLOG TOP |  » 『つじ山』でお昼。

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (380)
ひとこま絵日記 (96)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR