topimage

2017-11

レンジの話と、電車の話。 - 2017.10.04 Wed

絵日記518

ちゃんと加熱してくれるから、まだ、買い替えませ〜〜ん!

そのうち慣れて、こんなものだと思えるかもしれないし〜〜〜!

_____________________________________

この半月の間に、お酒を飲む機会が、3度ほど。(楽しかったデス。)

昨日の待ち合わせ場所は、川崎市は「たまプラーザ」。私の家からは、かなりの距離で、さて、どういうルートではせ参じたものかと、気に病んでおりました。
そういう時は『ナビタイム』(乗り換え案内ソフト)

調べて、ビックリ! 佐貫➡︎北千住➡︎たまプラーザ  で、乗り換え1回。
「ウソでしょう?」そんなんで行けるの?

北千住から東武東上線スカイツリーラインとやらに乗り換えると、そのまんま半蔵門線に乗り入れて、乗ってさえ言えば、たまプラーザに到着するんですねえ。
東武東上線は知っていました。が、スカイツリーラインという呼び名は、…初耳でした。
半信半疑で、ナビタイムの言う通りに乗り換えましたよ。
無事、現地到着しましたよ。
知らない路線が、いっぱいある〜〜っ!
乗ったことの無い電車が、結構ある〜~っ!

もっとも、片道2時間。…楽だけど、途中で飽きてきます!


ああ、衝動買い! - 2017.09.28 Thu

IMG_0439のコピー

▶おそらく、普通にボールペンとして使うことは、…ないでしょうねえ。(笑)

ただ、その辺りに転がしておいて、たまに手に取ってニンマリするだけ。
1本、380円が安いか高いかは、ビミョウなところですが、期待ハズレの映画を1本見た時のことを思えば、「ま、いいか!」ってなところでしょう。

でも、軽いし、案外使いやすいんです。手近なところに置いて置けば、案外筆記用具として使うかもしれません。

IMG_0441.jpg 



さて、その後(母の死後)今でもしょっちゅう言われるのが、
「大丈夫ですか?」「寂しいでしょう?」「元気そうで安心しました。」

そう言われるたびに、「????」な気分…。
実のところ、寂しいとか、落ち込むとか、そういうことが、全くないもので。
(別次元で、落ち込むことはありますよ。)
でも、母のこととは関係がない。

ふむ。周りからは、母の存在だけが、私を支えている…風に見えていたのかしらん??

確かにね。母のことで右往左往することは多かった。そう思われるのもしょうがない。
でもね、私、決して、母に“依存”してはいなかった。(と思っています。)

誤解を覚悟で言うならば、それまで自分を縛りつけてきた、ある種の「手かせ・足かせ」が外れた訳ですから、元気でない訳がない。

…だし、私、やれることは、全部やりきりました。心残りは、ほとんどありません。
だから、今の精神状態を、あえて言葉にするならば

完全燃焼で、燃えかすも無い! 

ま、そんなとこ。




38円?! - 2017.09.06 Wed

サンタ・ボックス

天下のAdobe(アドビ)が、フォトストック・ビジネスをやっていることを、最近知りました。
フォトストックとは、写真やイラストなどの画像データを預けておいて、使いたい人に販売してもらうシステムのこと。かつては、そこここに「ラボ」という名の、写真貸し出しのお店がありました。今は、写真もイラストもでデータで保存する時代。ネット上で取引される時代…ということですね。

早速、手持ちの作品10点ほどをアップして、販売を開始しました。

2日ほど経って、1点売れました、というメールが届きました。
「お、出足好調!」

とりあえず、喜びました。

ところが、送られてきたメールで確認した私への支払い金額を見て、「……!!……」
38円とあるではありませんか!

どこから、この値段がでて来るのか、正直、金額のことは、あまり頓着していなかったんです。

が、一瞬にして、やる気が失せましたっ!(笑)






キレイな人。 - 2017.08.30 Wed

絵日記517

先日、とあるセミナーを見学する機会がありました。

知的障害を持った子供たちを治療改善(と言って良いのかなあ?)するためのセミナー。
30人ほどの参加者。当然、いろんな知的障害のお子様を持つ親御さんたちです。

ご縁があって、その協会さんの書籍制作のお手伝いをすることになりそうなので、まずは、勉強をせねばと思っての参加でした。

6時間にも及ぶ長丁場。せいぜい2時間くらいだろうとタカをくくって出かけた私は、4時間を越えたあたりでビックリ!(笑)

で、その時感じたんですよ。
参加しているお母さんたちが、どう言う訳か、みなさんキレイ!
目線があった時の、その笑顔や表情が、なんとも言えず、キレイなんですよ。
話しぶり、物の考え方、最後の段階で行う、いささかエキセントリックなトレーニングの最中も、常にニコニコと良い表情をなさっているし…。

講義の内容もさることながら、私は、そのことに圧倒され、魅了されてしまいました。

ダウン症や自閉症などの、知的障害を持ったお子さんのお母さん。
その事実を知った瞬間から、おそらく、本を読み、医者を頼り、いろんな所の門を叩き、ワラをも掴む気持ちの毎日だったろうと思います。同じ年代のお母さんたちよりも、はるかに密度の濃い時間を過ごしていらしたと思います。そのことが彼女たちを、強くしているのは確かでしょう。

それにしても、なんでこんなにキレイなんだろう。
キラキラと輝いて見えるのはなんでだろう?
ひょっとして、彼女たちは、ある意味、『神様に選ばれた人たち』なのかもしれない。「うん、きっとそうだ。」

そんな風にも思いました。




カップ・カレー。 - 2017.08.22 Tue

絵日記 516

何度も引越しをしましたが、私は隣人には恵まれるようです。
今でも、ご近所さんには、お世話になりっぱなしです。

食べ物がらみで言いますと。

たけのこ・とうもろこし・スイカ…。
待っていれば、そのうちどこぞから、ひょいとやって来ます。
煮物・揚げ物・季節の野菜。時々お菓子もやって来るし、
なんだかそれだけで、生きてゆけそうな気分になって来るから
…コワイ!(笑)

で、しみじみ思うのが、「カレーって作らないなあ〜〜!」








NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ふりかけ屋

Author:ふりかけ屋
フリーでイラスト書いてます。
茨城県在住。女性。いたって健康。ちょっと太め。
趣味:おしゃべり
特技:早寝・早起き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (384)
ひとこま絵日記 (99)
母のこと (64)
映画 (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR